ベスポンサの副作用
腫瘍崩壊症候群(しゅようほうかいしょうこうぐん)

治療によってがん細胞が急速に死滅することにより、がん細胞内の成分が体内に蓄積し、尿酸増加、電解質のバランスがくずれて様々な症状が起こることがあります。

症状

  • 意識の低下、考えがまとまらない、判断力の低下、尿量が減る、血尿、息苦しい、息切れなどの症状があらわれます。

治療開始後12~72時間以内に、尿量が減ったと気付いたときは、すぐに主治医、看護師、薬剤師にお知らせください。

病院での対処法

  • 投与期間中は血液検査、尿検査、尿量測定などを行います。
  • 腫瘍崩壊症候群の予防として、水分補給を行います。また、尿酸の産生を抑制する薬、血液をアルカリ性にする薬、尿酸を分解する薬が投与されることもあります。
  • 症状があらわれた場合は投与を中止したり、症状が重い場合は透析療法を行うこともあります。

※電解質:ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リンなど、一般にミネラルといわれるものです。身体の機能の維持や調節に重要で、通常は体内でほぼ一定の濃度に保たれています。

監修:大阪市立大学医学部附属病院  血液内科・造血細胞移植科 日野 雅之先生

がんを学ぶ
急性リンパ性白血病(ALL)を学ぶ

詳しく見る急性リンパ性白血病(ALL)を学ぶ

PAGE TOP

PAGE TOP

ベスポンサによる治療を
受ける患者さん、ご家族のみなさまへ
サイトご利用にあたっての注意事項

本サイトはベスポンサの適正使用や安全性に関する情報を患者さんやそのご家族の方々に提供し、ベスポンサによる治療について正しく理解していただくことを目的に作成しています。
医学的な判断、アドバイスを提供するものではないことをご了承ください。

ベスポンサの治療に関しては、必ず主治医の指示に従っていただくことが大切です。
ベスポンサについて疑問など持たれた場合や治療等に関しては、主治医、看護師、薬剤師に必ず相談してください。

上記の内容に留意して
閲覧しますか?

ファイザー株式会社