ベスポンサとは

急性リンパ性白血病の白血病細胞の表面に発現する「CD22」とよばれるたんぱく質に結合する抗体と抗がん剤「カリケアマイシン誘導体」を結合させた薬です。
ベスポンサの抗体部分がCD22を持つ白血病細胞に結合し、細胞内に取り込まれた後に、切り離された抗がん剤が、白血病細胞を壊す働きをします。

ベスポンサの働き

  1. ベスポンサは、白血病細胞の表面にあるCD22というたんぱく質に結合します。
  2. 抗がん剤が白血病細胞内に取り込まれます。
  3. 抗体から抗がん剤が切り離されます。
  4. 抗がん剤は白血病細胞のDNAを切断し、白血病細胞を死滅させます。

監修:大阪市立大学医学部附属病院  血液内科・造血細胞移植科 日野 雅之先生

がんを学ぶ
急性リンパ性白血病(ALL)を学ぶ

詳しく見る急性リンパ性白血病(ALL)を学ぶ

PAGE TOP

PAGE TOP

ベスポンサによる治療を
受ける患者さん、ご家族のみなさまへ
サイトご利用にあたっての注意事項

本サイトはベスポンサの適正使用や安全性に関する情報を患者さんやそのご家族の方々に提供し、ベスポンサによる治療について正しく理解していただくことを目的に作成しています。
医学的な判断、アドバイスを提供するものではないことをご了承ください。

ベスポンサの治療に関しては、必ず主治医の指示に従っていただくことが大切です。
ベスポンサについて疑問など持たれた場合や治療等に関しては、主治医、看護師、薬剤師に必ず相談してください。

上記の内容に留意して
閲覧しますか?

ファイザー株式会社